蒔絵について

蒔絵とは漆を使い加飾を施す伝統工芸の一つです。漆で絵や文様を描き、漆が固まらないうちに金銀粉、乾漆粉などを蒔いて表面に付着させ装飾を行います。粉を蒔いて絵にするところから蒔絵という名称がつきました。
日本独自の技法で奈良時代にその基礎が出来、平安時代には贈答品や建築装飾に用いられていました。


蒔絵の種類

蒔絵の基本的技法は大きく分けて3種類あります。


平蒔絵|hiramakie

漆で絵を描いてから粉を蒔き、蒔いた粉を固着させるため漆で粉固めを行います。その後蒔絵の上だけを磨き金や銀の色を輝かせます。一般的な蒔絵技法で建造物の柱や扉にも用いられています。

平蒔絵



研出蒔絵|togidashimakie

漆で絵を描いてから粉を蒔き、蒔いた粉を固着させるため漆で粉固めを行います。その後全面に色漆を塗り、研ぎ出すことで朧げな蒔絵を表現することができます。下の写真では水中で泳ぐ金魚を表しています。

研出蒔絵



高蒔絵|takamakie

蒔絵を高く盛り上げて立体的に見せる技法です。印象を付けたい部分に施します。下の写真では葉の部分に高蒔絵を用いることで葛の生命力を表しています。高蒔絵は全体の塗りが仕上がってから行うので他の塗面に傷を付けないように研ぎと塗りを繰り返す難しい技法となります。

高蒔絵



蒔絵の製作工程

蒔絵は漆で描いて金粉を蒔き磨いて描きます。漆は湿度で乾く性質があるので漆風呂(湿度が高い箱)に入れて乾燥させます。漆を使った後は必ず乾燥させなければ次の工程に進めません。様々な粉、漆を用いて一つの絵を完成させて行きます。

こちらは平蒔絵技法の工程になります。



1.型押し/置目|kataoshi/okime

漆で絵の線になる部分を紙に描き型紙を作成します。
型紙を素地にあわせ漆を素地に転写します。

型押し

2.消粉|keshifun

転写した漆に金粉を蒔きます。この金粉の線を元にして蒔絵を描いていきます。
完成した時には消粉の線は見えなくなります。

消粉

3.絵漆|eurushi

蒔絵を施す部分に漆を塗ります。この後に蒔く粉を素地に固着させるための接着剤の役割となります。

絵漆

4.粉蒔|funmaki

漆を塗った部分に粉を蒔いていきます。粉筒に粉を入れて指で弾いて蒔くことで均等に粉がのります。

粉蒔

5.粉固め/摺漆|funagatame/suriurushi

摺漆とは生漆を薄く摺り広げて吸い込ませ適度に拭き取ります。これにより漆の膜ができ粉を定着させます。

摺漆

6.乾燥/硬化|kansou/kouka

漆風呂に入れて漆を乾燥(硬化)させます。漆はある一定の温度と湿度がないと固まりません。
漆風呂は温度・湿度が一定に保たれた戸棚で空気の流動を遮断し埃や塵の付着も防止します。
漆が硬化することで塗面の強度が増し傷がつきにくくなります。使用する漆によって硬化するまでの時間は異なりますが最短でも1日以上かかります。

硬化

7.研ぎ|togi

硬化させた蒔絵部分を研ぐことで蒔絵の高さを揃えます。様々な粉を使用する場合、研ぎの工程を行っていないと隣り合う蒔絵に粉が染みてしまい汚い仕上がりとなってしまいます。そのため一つの粉ごとに3.絵漆〜7.研ぎの工程を繰り返し行います。 研ぎには炭やサンドペーパーを使用します。

研ぎ

8.胴摺り|douzuri

胴摺りとは炭研ぎやサンドペーパーの研ぎ痕をとり艶をあげる作業です。仕上げに作品全体に摺漆をして呂色粉で磨きあげます。これで蒔絵の完成です。



最後に

蒔絵の基本的な技法や製作工程をお伝えしました。これらをあわせた応用技法や蒔絵表現を豊かにする技法などまだまだ沢山の技法があり蒔絵の世界はとても奥深いものです。
様々な工程をへて出来上がった蒔絵は手にとって見て頂くとさらにその細やかな手仕事を感じて頂けると思います。 最後に