FILO蒔絵 卵小筥

卵型の小筥(こばこ)に梨地粉(粗めの金粉)を蒔き針谷崇之オリジナルの「Filo」模様を銀粉で描いた作品です。見た目はまさしく『金の卵』、蓋をあけても金色です。
金の卵とは貴重で獲得が困難なもののことを言います。
自分にとって金の卵のような大切な物を入れてみてはいかがでしょうか。
また印象的な見た目ですのでお部屋のワンポイントとして飾っていただくのもおすすめです。

素材水目桜、漆、金粉、銀粉
サイズ(外寸)直径40mm×高さ60mm
(内寸)直径30mm×高さ55mm
重さ約36g
作者針谷崇之