うるしアートはりやの メンバー

“メンバーの写真

うるしアートはりやの従業員は全員家族です。

1981年、加賀市山中温泉で父(祐之)と母(絹代)がうるしアートはりやを創業しました。

その後、高校を卒業した次男(祥吾)と4年間大学で漆芸コースを学んだ長男(崇之)が入社。

そして息子達の奥さん(千賀子)(裕美)も含めて6人で活動しています。

針谷祐之

針谷祐之 Masayuki Hariya

蒔絵師 伝統工芸士

1981年に独立し「うるしアートはりや」を設立。蒔絵の美しさを究めるべく日々、黙々と制作に打ち込む。現在では根付の作品も制作しており、小さく丸まった世界に意外性と意匠性を凝らした作品を制作している。

主な作歴

「日本の象牙彫刻展 高円宮賞受賞」
「全国伝統工芸品公募展 内閣総理大臣賞受賞」
「日本を担う・漆の美展 日本漆工協会会長賞受賞」
「日本伝統工芸士会作品展 日本伝統工芸士会会長賞受賞」

  • 針谷祐之の 作歴詳細はこちらから↓

    • 1954年 石川県加賀市に生まれる
    • 1977年 茶道具漆芸家に師事
    • 1981年 工房を設立閉じる
    • 1990年 明日への茶道美術展 淡交社賞奨励賞受賞
    • 1991年 日本伝統漆芸展 初入選 池袋西武
    • 1992年 日本伝統漆芸展 入選 池袋西武
    • スペース 東京日中友好美術館蝶貝蒔絵ブローチ展出品
    • スペース 日本伝統工芸石川支部展 初入選
    • スペース 石川県立美術館蝶貝蒔絵ブローチ展出品
    • 1993年 日本伝統漆芸展 入選 池袋西武
    • スペース 日本伝統工芸石川支部展 入選
    • 1994年 日本伝統漆芸展 入選 池袋西武
    • スペース 通商産業大臣認定資格伝統工芸士に認定
    • スペース 山中漆器蒔絵展 県知事賞受賞
    • スペース 山中町永久保存作品に認定
    • スペース 日本伝統工芸石川支部展 入選
    • 1995年 日本伝統漆芸展 入選 池袋西武
    • スペース 兼六園茶会公募展 初入選
    • スペース 日本伝統工芸石川支部展 入選
    • 1996年 日本伝統漆芸展 入選 池袋西武
    • スペース 山中漆器蒔絵展 県知事賞受賞
    • スペース 加賀市永久保存作品に認定
    • スペース 日本伝統工芸石川支部展 入選
    • スペース 日本の象牙彫刻展 初入選 麻布美術館
    • スペース 兼六園茶会公募展 奨励賞受賞
    • 1997年 日本伝統漆芸展 入選 池袋西武
    • スペース 国際根付ソサエティハワイ大会 出品
    • スペース 日本の象牙彫刻展 入選 麻布美術館
    • スペース 兼六園茶会公募展 入選
    • 1998年 日本伝統漆芸展 入選 池袋西武
    • スペース 日本伝統工芸石川支部展 入選
    • スペース 日本の象牙彫刻展 入選 赤坂草月会館
    • スペース 兼六園茶会公募展 入選
    • スペース 日本伝統工芸展 初入選 日本橋三越
    • 1999年 日本伝統漆芸展 入選 池袋西武
    • スペース 日本伝統工芸石川支部展 入選
    • スペース 日本の象牙彫刻展 入選 赤坂草月会館
    • スペース 兼六園茶会公募展 入選
    • スペース 日本伝統工芸展 入選 日本橋三越
    • 2000年 日本伝統漆芸展 入選 池袋西武
    • スペース 日本伝統工芸石川支部展 入選
    • スペース 日本の象牙彫刻展 入選 上野の森美術館
    • スペース 日本伝統工芸展 入選 日本橋三越
    • 2001年 日本伝統漆芸展 入選 池袋西武
    • スペース 日本伝統工芸石川支部展 入選
    • スペース 日本の象牙彫刻展 入選 上野の森美術館
    • スペース キンゼイコレクション 現代根付展
      スペース -手の中の森羅万象 世界の匠たち- 展示 千葉市美術館
    • スペース 日本伝統工芸展 入選 日本橋三越
    • スペース 財団法人日本工芸会正会員に認定
    • 2002年 日本伝統漆芸展 入選 池袋西武
    • スペース 日本伝統工芸石川支部展 入選
    • スペース 日本の象牙彫刻展 入選 上野の森美術館
    • スペース 高円宮憲仁親王殿下コレクション
      スペース 現代根付展 -宇宙を惹きつける- 展示 松本市美術館
    • スペース 日本伝統工芸展 入選 日本橋三越
    • 2003年 日本伝統漆芸展 入選 池袋西武
    • スペース 日本伝統工芸石川支部展 入選
    • スペース 日本の象牙彫刻展 入選 上野の森美術館
    • スペース 高円宮コレクションを中心に
      スペース 現代根付展-手のひらの中の芸術品-展示 たばこと塩の博物館
    • スペース 日本伝統工芸展 入選 日本橋三越
    • 2004年 日本伝統漆芸展 入選 池袋西武
    • スペース 日本伝統工芸石川支部展 入選
    • スペース 日本の象牙彫刻展 入選 上野の森美術館
    • 2005年 日本伝統漆芸展 入選 池袋西武
    • スペース 日本伝統工芸石川支部展 入選
    • スペース 日本の象牙彫刻展 入選 日本橋高島屋
    • スペース 全国伝統的工芸品公募展 入選
      スペース 全国伝統的工芸品センター
    • 2006年 日本伝統漆芸展 入選 池袋西武
    • スペース 日本伝統工芸石川支部展 入選
    • スペース 日本の象牙彫刻展 入選 日本橋高島屋
    • スペース 全国伝統的工芸品公募展 入選
      スペース 全国伝統的工芸品センター
    • 2007年 日本伝統漆芸展 入選 池袋西武
    • スペース 日本伝統工芸石川支部展 入選
    • スペース 日本の象牙彫刻展 入選 日本橋高島屋
    • 2008年 日本伝統工芸石川支部展 入選
    • スペース 日本の象牙彫刻展 入選 日本橋高島屋
    • スペース 高円宮家根付コレクション展
      スペース 大阪芸術大学ほたるまちキャンパス内ギャラリー
    • 2009年 日本伝統工芸石川支部展 入選
    • スペース 日本の象牙彫刻展 入選 日本橋高島屋
    • 2010年 日本伝統工芸石川支部展 入選
    • スペース 日本の象牙彫刻展 高円宮賞受賞 日本橋高島屋
    • スペース 全国伝統的工芸品公募展 入選
      スペース 全国伝統的工芸品センター
    • 2011年 日本の象牙彫刻展 入選 日本橋高島屋
    • 2012年 高円宮憲仁親王殿下十年式年祭記念展
      スペース -殿下根付コレクション- 展示 東京国立博物館及び六本木ヒルズ森タワー
    • スペース 日本の象牙彫刻展 入選 日本橋高島屋
    • 2013年 日本の象牙彫刻展 入選 日本橋高島屋
    • 2014年 根付作家「針谷祐之展」  京都清宗根付館
    • スペース 日本の象牙彫刻展 入選 日本橋高島屋
    • 2015年 日本の象牙彫刻展 入選 日本橋高島屋
    • スペース 日本伝統工芸士会作品展
      スペース 東武百貨店賞 受賞 高岡テクノドーム
    • 2016年 日本の象牙彫刻展 入選 日本橋高島屋
    • スペース 全国伝統的工芸品公募展  内閣総理大臣賞 受賞 青山スクエア
    • 2017年 第20回伝統工芸士会作品展 日本伝統工芸士会長賞 受賞
    • スペース 日本文化を担う・漆の美展 日本漆工協会会長賞受賞
    • スペース 全国伝統的工芸品公募展 入選
    • スペース 日本伝統工芸士会作品展
      スペース 日本伝統工芸士会会長賞受賞 東京国際フォーラム
    • スペース 石川県伝統産業優秀技術者 功労者表彰 石川県庁
    • 2018年 第21回日本伝統工芸士会 作品展 東峰村長賞
    • スペース 全国伝統的工芸品公募展 入選閉じる
針谷絹代

針谷絹代 Kinuyo Hariya

蒔絵師 伝統工芸士

祐之と供に1981年に独立しうるしアートはりやを設立。早くから蒔絵を取り入れたアクセサリーを作り、現在のうるしアートはりやの形を作る。油絵で現代美術展の受賞歴も持つ経験を蒔絵に生かし、色漆や金銭を細かく丁寧に何十回も重ねて写実的に描く「細描蒔絵技法」を生み出した。2000年に国際根付協会の方々などを招きロサンゼルスにて蒔絵の実演を行う。高円宮殿下の伝記に、根付作家として名を記す。

主な作歴

「テーブルウェアフェスティバル-暮らしを彩る器展- オリジナルデザイン部門大賞受賞」
「高円宮憲仁親王殿下十年式年祭記念展 -殿下根付コレクション- 展示 東京国立博物館及び六本木ヒルズ森タワー」
「【ISIKAWA】TOYP大賞受賞」
「第22回 日本伝統工芸士会 作品展 衆議院議長賞」

  • 針谷絹代の 作歴詳細はこちらから↓

    • 1959年 石川県江沼郡山中町に生まれる
    • 1977年 高校卒業後、地元山中町で四年間蒔絵の修行をする
    • 1978年 現代美術展初入選以後入選六回、佳作賞一回(洋画)閉じる
    • スペース 『アトリエの棚』町立山中幼稚園に寄贈
    • 1981年 中日美術展初入選以後入選二回(洋画)
    • 1982年 一水会展初入選(洋画)
    • スペース 『小鳥とドライフラワー』町立山中保育所に寄贈
    • 1989年 中日女流美術展初入選(洋画)
    • 1991年 ジャパンコンペティション石川入選(漆芸)
    • スペース 中日美術展入選
    • スペース 漆パネル『小鳥の詩』町立山中小学校に寄贈
    • スペース 中日女流美術展入選(漆芸)
    • 1992年 東京日中友好美術館蝶貝蒔絵ブローチ展出品
    • スペース 中日女流美術展入選(漆芸 洋画)
    • スペース 石川県立美術館蝶貝蒔絵ブローチ展出品
    • 1993年 工芸都市高岡クラフト展入選
    • スペース 国際デザインフェア石川
      スペース
       国際デザインコンペティション入選
    • スペース ニューウエーブ展出品
    • 1994年 テーブルウェアフェステバル 暮らしを彩る器展 東京ドーム
      スペース
       テーブルウェアオリジナルデザイン部門大賞受賞
    • スペース ニューウエーブ展出品・全国ガラス展出品
    • 1995年 日本伝統漆芸展初入選 池袋西武
    • スペース テーブルウェアフェステバル 暮らしを彩る器展 東京ドーム
    • スペース  テーブルウェアオリジナルデザイン部門優良賞
    • スペース  テーブルウェアオリジナルデザイン部門入賞
    • スペース  テーブルウェアコーディネート部門優良賞
    • スペース 通商産業大臣認定資格伝統工芸士に認定される
    • スペース 山中漆器蒔絵展県知事賞受賞 加賀市永久保存作品に認定される
    • 日本クラフト展初入選 銀座松屋
    • スペース 国際デザインコンペティションみやぎ  優秀作品として展示
    • 1996年 日本伝統漆芸展入選 池袋西武
    • スペース テーブルウェアフェステバル  暮らしを彩る器展 東京ドーム
    • スペース  テーブルウェアオリジナルデザイン部門入選
    • スペース  テーブルウェアコーディネート部門入選
    • スペース 兼六園茶会公募展初入選
    • スペース 日本の象牙彫刻展初入選 麻布美術館
    • スペース 金沢市 ぎゃるり「おくら」にて個展
    • スペース 工芸都市高岡クラフト展入選
    • 1997年 国際根付ソサエティハワイ大会 新人賞受賞
    • スペース テーブルウェアフェステバル 暮らしを彩る器展 東京ドーム
      スペース
       テーブルウェアオリジナルデザイン部門入賞
    • スペース 日本の象牙彫刻展入選 赤坂草月会館
    • スペース 兼六園茶会公募展 奨励賞受賞
    • 1998年 テーブルウェアフェステバル 暮らしを彩る器展 東京ドーム
      スペース
       テーブルウェアオリジナルデザイン部門入選
    • スペース 日本の象牙彫刻展入選 赤坂草月会館
    • スペース 小松市 大和デパートにて個展
    • 1999年 漆のタロットカード飾額 町立山中中学校に寄贈
    • スペース 日本の象牙彫刻展入選 赤坂草月会館
    • スペース 加賀市大聖寺 ギャラリー「萩」にて個展
    • スペース 銀座 ギャラリー「ボザール・ミュー」にて個展
    • 2000年 原宿表参道 ギャラリー「華音留」にて個展
    • スペース 日本の象牙彫刻展入選 上野の森美術館
    • スペース 財団法人心遠館の招待により 日米交流協会・国際根付協会の方々を招き
    • スペース ロサンゼルスにて蒔絵の実演を行う
    • 2000年 【ISIKAWA】TOYP大賞受賞
    • スペース 横浜市 高島屋デパートにて個展
    • 2001年 日本の象牙彫刻展入選 上野の森美術館
    • スペース キンゼイコレクション 現代根付展 千葉市美術館
    • スペース -手の中の森羅万象 世界の匠たち- 展示
    • 2002年 日本の象牙彫刻展入選 上野の森美術館
    • スペース 高円宮憲仁親王殿下コレクション 現代根付展
    • スペース -宇宙を惹きつける- 展示 松本市美術館
    • スペース 山中町永久保存作品に認定される
    • 2003年 高円宮コレクションを中心に現代根付展
    • スペース -手のひらの中の芸術品-展示たばこと塩の博物館
    • 2004年 全国伝統的工芸品公募展 入選
    • スペース 全国伝統的工芸品センター
    • 2007年 日本の象牙彫刻展入選 日本橋高島屋
    • 2008年 高円宮家根付コレクション展 -展示
    • スペース 大阪芸術大学ほたるまちキャンパス内ギャラリー
    • 2012年 高円宮憲仁親王殿下十年式年祭記念展  -殿下根付コレクション-  展示
    • スペース 東京国立博物館及び六本木ヒルズ森タワー
    • 2014年 全国伝統的工芸品公募展 入選
    • スペース 全国伝統的工芸品センター
    • 2015年 日本伝統工芸士会作品展 入選 高岡テクノドーム
    • 2016年 日本伝統工芸士会作品展 入選 サンドーム福井
    • 2017年 日本伝統工芸士会作品展 入選 東京国際フォーラム
    • 2018年 全国伝統的工芸品公募展 入選
    • 2019年 第22回日本伝統工芸士会 作品展 衆議院議長賞閉じる
針谷崇之

針谷崇之 Takayuki Hariya

蒔絵師 伝統工芸士

高岡短期大学で漆芸を学んだ後入社。独自ブランド[Bisai]や[Mt.Artigiano]を立ち上げ活動中。
マークニューソンデザインの「aikuchi」の蒔絵を担当。様々な方面での蒔絵の可能性を模索している。

主な作歴

「第56回日本伝統工芸展 初入選」
「第六回 雪のデザイン賞 ラネージュ賞 受賞」
「マークニューソンデザイン「aikuchi」の蒔絵を担当」
「Ambiente2016出展 ボタンダウンピアスがTREND2016に選出」

  • 針谷崇之の 作歴詳細はこちらから↓

    • 1983年 石川県加賀市山中温泉に生まれる
    • 2002年 国立高岡短期大学 産業造形学科漆工芸コース入学
    • 2004年 同大学 卒業 同大学 専攻科入学
    • 2006年 同大学 専攻科卒業 卒業制作「桔梗蒔絵八角箱」漆工奨学賞受賞
    • スペース うるしアートはりや 入社
    • 2007年 第48回石川の伝統工芸展 初入選
    • スペース 第25回伝統工芸漆芸展 初入選
    • 2008年 第49回石川の伝統工芸展 入選
    • 2009年 第50回石川の伝統工芸展 入選
    • スペース 第56回日本伝統工芸展 初入選
    • スペース 工芸都市高岡クラフトコンペ 入選
    • 2010年 第51回石川の伝統工芸展 入選
    • スペース 自社ブランド「Mt.Artigiano」立ち上げ
    • 2011年 第52回石川の伝統工芸展 入選
    • スペース 第六回 雪のデザイン賞 ラネージュ賞 受賞
    • スペース 伊丹国際クラフト展 主題「ジュエリー」入選
    • 2012年 「ボタンダウンピアス」発売
    • スペース 「ボタンダウンピアス」石川県プレミアムブランド受賞
    • 2013年 第七回 雪のデザイン賞 奨励賞 受賞
    • スペース 工芸都市高岡クラフトコンペ 入選
    • 2014年 国際漆展・石川2014 奨励賞 受賞
    • 2015年 マークニューソンデザイン「aikuchi」の蒔絵を担当
    • スペース 自社ブランド「Bisai」立ち上げ
    • 2016年 全国伝統的工芸品公募展 入選 青山スクエア
    • スペース Ambiente2016出展 ボタンダウンピアスがTREND2016に選出
    • スペース オーストリア ウィーン マスターピースコレクション2016出展
    • 2017年 国際漆展・石川2017 審査員特別・川上元美賞 受賞
    • 2019年 JAPAN漆YAMANAKA 石川県立山中漆器産業技術センター所長賞 受賞
    • スペース 株式会社吉井商店賞 受賞閉じる
針谷祥吾

針谷祥吾 Shogo Hariya

蒔絵師 伝統工芸士

高校卒業後入社。両親から蒔絵の技術を学ぶ。昔から鳥類が好きで特に翡翠(カワセミ)は自分で撮影したものを図案に生かし描いている。

主な作歴

「世界お茶まつり2010 ワールド茶器コンテスト 入選」
「JAPAN BRAND時計文字盤コンテスト入選 銀座清月堂画廊」
「全国伝統的工芸品公募展 入選」

  • 針谷祥吾の 作歴詳細はこちらから↓

    • 1985年 石川県加賀市山中温泉に生まれる
    • 2004年 うるしアートはりや入社
    • 2009年 石川県伝統産業技能奨励賞 授与
    • 2010年 世界お茶まつり2010 ワールド茶器コンテスト 入選
    • 2011年 フランス・パリのEspace Evolution会場にて日本の美を届けるエキシビジョン「WABI-SABI]に出品
    • スペース フランス・パリのノール・ヴィルパント展示会場にてJapan Expo「EXPOSITION WABI-SABI]に出品
    • 2013年 世界お茶まつり2013 茶・愉コレクション 出品
    • 2014年 JAPAN BRAND時計文字盤コンテスト入選 銀座清月堂画廊
    • 2016年 全国伝統的工芸品公募展 入選 青山スクエア
    • 2017年 全国伝統的工芸品公募展 入選 青山スクエア
    • 2018年 全国伝統的工芸品公募展 入選 青山スクエア
    • 2019年 石川県伝統産業 優秀技術者 奨励賞閉じる
針谷千賀子

針谷千賀子 Chikako Hariya

蒔絵師 事務

うるしアートはりやの蒔絵師・事務。大学卒業後入社。
現在子育て奮闘中。日々のうるしアートはりやの食事を作り健康を管理している。

針谷裕美の写真

針谷裕美 Hiromi Hariya

Web担当

結婚を機にうるしアートはりやに入社。
うるしアートはりやの活動、商品をWebサイトに掲載している。