蒔絵のアクセサリーと茶道具のお店 | 11,000円以上のお買い上げで送料無料!

山水肉合研出蒔絵中棗の写真

蒔絵とは漆工芸の代表的な加飾技法の一つです。漆で絵や文様を描き、漆が固まらないうちに蒔絵粉(金・銀などの金属粉)を蒔いて表面に付着させ装飾を行います。粉を蒔いて絵にするところから「 蒔絵(まきえ) 」と呼ばれます。
日本独自の技法で奈良時代に蒔絵の基礎が出来、平安時代には贈答品や建築装飾に用いられてきました。

 

1.蒔絵の種類

蒔絵の基本的技法は大きく分けて3種類(平蒔絵・研出蒔絵・高蒔絵)あります。その応用である肉合(ししあい)研出蒔絵、白木地を生かした木地蒔絵、そして蒔絵シールなどで知られる近代蒔絵をご紹介いたします。

1-1. 平蒔絵|hiramakie

一般的に蒔絵と言われるものはこちらの平蒔絵のことを言います。先ほどの説明同様、漆で絵や文様を描き、漆が固まらないうちに蒔絵粉を蒔いて表面に付着させ、漆が乾いてから今度は蒔絵粉が剥がれないように漆を塗り(粉固め)、硬化したら蒔絵部分を研ぎます。研ぐことで蒔絵面の蒔絵粉が光輝きます。

< 特徴 > 蒔絵の面が土台の素地より若干出ています。

作品名 「 山紫陽花蒔絵 中棗 」 山紫陽花を平蒔絵で描いた茶道具の中棗

1-2. 研出蒔絵|togidashimakie

漆で絵を描いてから粉を蒔き、蒔いた粉を固着させるため漆で粉固めを行います。その後全面に色漆を塗り、研ぎ出すことで朧げな蒔絵を表現することができます。下の写真では水中で泳ぐ金魚を表しています。

< 特徴 > 蒔絵の面も素地も同じ高さで凹凸を感じません。

作品名 「 金魚肉合研出蒔絵 雪吹 」 金魚を研出蒔絵で描いた茶道具の雪吹の天面

1-3. 高蒔絵|takamakie

蒔絵を高く盛り上げて立体的に見せる技法です。立体的に見せたい部分に高上用の下地となる漆を塗りつけ乾燥してから蒔絵を描きます。高上用の下地の素材で「銀上(ぎんあげ)」「錆上(さびあげ)」などと呼び方が変わります。高蒔絵は全体の塗りが仕上がってから行うので他の塗面に傷を付けないように研ぎと塗りを繰り返す難しい技法となります。

< 特徴 > 蒔絵の面が立体的に盛り上がっています。

作品名 「 葛高蒔絵 地蒔雪吹 」 葛を高蒔絵で描いた茶道具の雪吹の天面

1-4. 肉合研出蒔絵|shishiaitogidashimakie

研出蒔絵と高蒔絵を組み合わせた技法。高い蒔絵技術が必要となる。高上げした部分( 高蒔絵 )と背景の部分( 研出蒔絵 )の面の仕上げの漆を同時に塗り研いで仕上げる。そのため高蒔絵と背景の部分は滑らかな面になっている。山水図のような複雑な表現に用いられる。

< 特徴 > 滑らかな立体感。優美で豪華な蒔絵。

作品名 「 山水図肉合研出蒔絵 中棗 」 山水図を肉合研出蒔絵で描いた茶道具の中棗の天面

1-5. 木地蒔絵|kijimakie

白木地(しらきじ・漆を塗っていない木地)に蒔絵を描く技法です。蒔絵は一般的に漆塗面(漆器)に描きます。蒔絵を行わない漆塗面の部分に漆がついてしまっても乾く前に拭き取れば問題ありませんが白木地に漆がつくと漆を吸い込み汚れてしまいます。また研ぎの工程でも白木地に傷がついてしまいます。そうならないために錫金貝(すずかながい・錫の薄板)を養生として蒔絵を描く部分だけ切り抜き白木地に貼り付けて蒔絵を描きます。

< 特徴 > 白木地の美しさを生かした蒔絵。

作品名 「 鮎木地蒔絵 栢花梨団扇香合 」 鮎を木地蒔絵で描いた茶道具の栢と花梨の香合

1-6. 近代蒔絵|kindaimakie

「シルクスクリーン印刷」や「パッド印刷」で蒔絵の風合いを出したものです。スクリーン蒔絵とも呼ばれます。使用する蒔絵粉も手描きのものとは異なります。ボールペンやお椀、最近だと蒔絵シールとしてよく見かけます。

< 特徴 > 低価格で蒔絵の風合いを楽しめます。
※うるしアートはりやでは近代蒔絵を行っていないので写真のご用意がございません。

2.蒔絵の製作工程

蒔絵は漆で描いて蒔絵粉を蒔き磨いて描きます。ではどのようにしてあの煌びやかな蒔絵は描かれているのでしょうか。こちらでは白蝶貝に翡翠の平蒔絵を描く工程をご紹介いたします。

2-1.図案|design

どのような蒔絵を描くか考えます。この時にどの部分に何号の金粉を使うか、どの色漆を使うかも決めてしまいます。後から修正するのが難しいので職人によってはこの作業が一番時間がかかります。

画像準備中

2-2.型押し/置目|kataoshi/okime

「 置目 」とは図案を素地に転写する作業です。図案の裏面から絵の線になる部分を漆でなぞり型紙を作ります。
その型紙を素地にあわせ刷毛を使って漆を転写します。

転写した漆に消粉という細かい金粉を蒔きます。この金粉の線を元にして蒔絵を描いていきます。
完成した時には消粉の線は見えなくなります。

型押し

2-3.硬化|Curing

漆風呂(湿し・室など地域によって名称は異なります)と呼ばれる湿度と温度を保った扉棚・箱に入れて漆を硬化させます。漆は温度(20度〜25度)、湿度(70%〜85%)だと硬化の速度が速くなります。
漆風呂は空気の流動を遮断し埃や塵の付着も防止します。
漆が硬化するまで最短でも1日かかります。季節によって気温・湿度は変化するので同じ漆を使っていても硬化にかかる時間は変わります。

硬化

2-4.絵漆|eurushi

置目を参考に金粉を蒔く部分に漆を塗ります。この漆は金粉を素地に固着させるための接着剤の役割になります。

絵漆

2-5.粉蒔|funmaki

漆を塗った部分に金粉を蒔いていきます。粉筒(竹や葦の筒の片端に織物の布を被せたもの)に金粉を入れ指で弾いて均等に金粉を蒔きます。そして毛棒を使い余分な金粉を払います。漆が滲まなくなるまで粉蒔を繰り返し漆風呂に1日以上入れて硬化させます。

粉蒔

2-6.粉固め|funagatame

粉蒔きだけではまだ金粉が剥がれやすいため金粉を蒔いた部分に生漆(きうるし)を薄く摺り広げて余分な生漆を拭き取り漆風呂に1日以上入れて硬化させます。これによりしっかりと金粉が固着します。

摺漆

2-7.荒研ぎ|aratogi

硬化させた蒔絵の部分を研ぐことで蒔絵の高さを揃えます。描いた蒔絵の隣に漆を塗った時に高さが均等でないとその部分に漆がよってしまうためです。研ぎには紙ヤスリや炭を使います。

研ぎ

2-8.磨き|migaki

その後(4)絵漆⇒(5)粉蒔⇒(6)粉固⇒(7)荒研ぎを繰り返します。作品のイメージによって描割・付描・螺鈿・卵殻・平文技法なども行い完成のイメージに近づけていきます。一通り描けたら仕上げの磨き作業を行います。粒子の粗めのコンパウンドで研ぎ後を消し徐々に細かいコンパウンドに変えて艶を上げていきます。( 高蒔絵などの立体的な作品では「胴摺り」を行います。胴摺りは油と呂色粉を手につけて手の平や指を使って作品を磨く作業です )

画像準備中

2-9.完成|Complete

平蒔絵の基本的な工程をご紹介いたしました。様々な技法を組み合わせて蒔絵は出来ております。(※うるしアートはりやで製作しておりますブローチで約3〜4週間、棗などのお茶道具で2ヶ月以上かかります。)蒔絵は完成するまでに長い時間がかかりますがその分、人を魅了する何かがあると思っております。もし機会があったら近くで蒔絵を眺めて頂ければ幸いです。その細やかな手仕事を感じて頂けると思います。

画像準備中

3.蒔絵の技法

蒔絵の製作工程でも少し触れましたが蒔絵には基本の工程とさらにその蒔絵に深みを持たせる「蒔絵技法」があります。

3-1.描割|kakiwari

葉の葉脈や鳥の翼など境界線を表す部分に漆を塗らずに蒔絵粉を蒔く技法です。

画像準備中

3-2.付描|tsukegaki

荒研ぎ後の蒔絵面に平蒔絵の線を描く技法です。うるしアートはりやでは鳥の羽毛部分によく使われます。

作品名 「 葦に蛇籠 翡翠蒔絵 パープルハート茶入 」 蒔絵技法の付描の説明で翡翠の蒔絵の画像

3-3.針描|harigaki

蒔絵粉を蒔いた後に針などの先端が鋭利なもので引っ掻いて細い線を描く技法です。

画像準備中

3-4.螺鈿細工|radenzaiku

青貝の貝片の裏面に炭を塗り形を整え漆で貼り付ける技法です。

作品名 「 波に千鳥蒔絵 流水中棗 」蒔絵技法の螺鈿細工の説明で茶道具の波に千鳥蒔絵の中棗の画像

3-5.卵殻塗|rankakunuri

変塗(かわりぬり)の一種。のウズラの卵の殻を酢につけて黒い模様を取り、形を整えて漆で貼り付ける技法です。

作品名 「 富士山蒔絵 中棗 」 蒔絵技法の卵殻塗の説明で富士山の冠雪を卵殻で描いた茶道具の中棗

3-6.銀露|gintsuyu

小さなキノコのような形をした玉。露と書くように。葉についた露の表現として用います。

作品名 「 萩に月高蒔絵 中棗 」 蒔絵技法の卵殻塗の説明で富士山の冠雪を卵殻で描いた茶道具の中棗

3-7.平文|hyoumon

研ぎ出し蒔絵の時に使われます。金・銀・錫などの金属製の薄板を文様の形に切り貼り付けて漆を塗り重ね研ぎ出す金属板文様の象嵌装飾技法です。

画像準備中

3-8.置平目|okihirame

平目粉(丸い金粉を小判型に押し潰したもの)の大きなものを並べて貼り付ける技法です。

画像準備中