帯留め

蒔絵の帯留めの通販

和装のおしゃれな装いに

帯留めは着物のちょうど真ん中に飾られ、つけるだけでお洒落度が上がる和装アクセサリーです。
モチーフの裏に帯留め金具( 輪っかの形をした金具 )がついておりそこに帯締めを通して帯の中央に帯留めを移動させます。帯留めが出来た当初は帯締めの両端についていた留め金具のことを帯留めと呼んでいましたが、明治時代に今の金具の形になり装身具として愛用されるようになりました。
お好きなモチーフや季節を簡単に取り入れることができ、お着物・帯の柄に合わせて様々な組み合わせでお楽しみ頂けます。

着物と帯留め

▼帯留め一覧はこちら

おすすめの作品

“柳が蒔絵で描かれた白蝶貝の帯留め"

柳蒔絵 白蝶貝帯留

金一色の蒔絵で描かれた柳の帯留めはどの着物にもあわせやすい一品です!春には芽吹きの柳、夏には垂れ下がる枝が風になびくさわやかなイメージで、冬には雪持ち柳として様々な季節にご使用いただけます。

ラッピングについて

桐箱の中に作品と作者の作歴・取り扱い説明書をお入れし発送させて頂きます。

“蒔絵の帯留めと桐箱"

ラッピングは水引以外は【 無料 】で包装させて頂きます。ご希望の場合は「 カートに入れる 」画面よりご注文の詳細ページにてご選択ください。
ラッピングについて詳しくはラッピングについてページをご覧くださいませ。

“リボンと水引のラッピング"

着物( 礼服 )と帯留めの合わせ方

気心知れた仲間とのお食事会、ちょっとしたお出かけなど、普段使いの帯留めは好きなモチーフや素材を自由にお選び頂き使うことができます。
カジュアルな装飾と思われがちな帯留めですが「 礼服( 黒留袖・色留袖・振袖・黒喪服 ) 」にも合わせてお使い頂けます。
では礼服時はどのような帯留めがおすすめなのでしょうか。

結婚式での礼服( 黒留袖・色留袖・振袖 )について

A. 装いの格調高さと重厚感を損なわないパール、ダイヤ、エメラルド、サファイヤ、ルビーなどの五大宝石や珊瑚、瑪瑙などの貴石、蒔絵の帯留めなど形や大きさなどトータルで品の良い帯留めであればご使用頂けます。

お葬式での礼服( 黒喪服 )について

A. 小ぶりな銀細工やパールの帯留めがご使用頂けます。おめでたいモチーフは避けましょう。

帯留めを使ってはいけないシーンについて

A. 帯留めはお茶会にはつけていけません。大切な茶器を傷つけないためです。指輪・イヤリングなどのアクセサリーも同様の理由でつけません。

おすすめ順  |  価格順  |  新着順
48商品中 1-30商品