夏の帯留め

夏の帯留めの通販

夏になると裏地のついていない単衣の着物や透け感のある薄物といった夏着物を着るように着物に合わせる帯留めも夏を意識した涼しげなものをつけたくなりますよね。
こちらでは夏におすすめな帯留めと簡単に単衣・薄物についてご紹介させていただきます。( 上の写真の帯は波と亀甲文様が織られた絽の素材の夏帯です。 )

夏( 6月〜8月 )の着物について

単衣( ひとえ )
5〜6月、9〜10月に着る裏地のついていない着物です。( 10月〜5月に着る着物は袷( あわせ )と言って裏地がついています。 )昔は6月・9月に着ると言われていましたが昔に比べ現代は気温が高くなっているので単衣を着れる期間に幅を持たせて5月や10月の暑い日には単衣の着物を着て楽しむという流れになっています。5〜6月に着る単衣を「 春単衣 」、9〜10月に着る単衣を「 秋単衣 」と呼んだりもします。
単衣の着物の袖口
単衣の着物の袖口です。中は裏地の布がついていません。
薄物( うすもの )

7〜8月に着る透け感のある夏用の素材( 織り方・生地 )を用いて単衣に仕立てた着物です。着る時期の目安として7〜8月と書きましたがこちらも6月後半や9月前半など暑い日には薄物の着物が着れます。その日の気候や出かけ先のことを踏まえて臨機応変に着物をお選びください。
薄物の素材として「 絽 ( ろ ) 」「 紗 ( しゃ ) 」「 麻 」などがあります。絽・紗はどちらも絹織物でフォーマルシーンにで着ることができます。絽と紗の区別は絽は縞模様、紗は格子模様になっています。麻はカジュアルな普段着として楽しめます。下に着る長襦袢を透かしてみせるなど薄物ならではの清涼感のあるおしゃれが楽しめます。

絽の素材でできた夏着物の袖口
絽の素材で作られた夏着物の袖口です。紋が入っている絽の素材は「 紋絽( もんろ ) 」言います。

初夏モチーフの帯留め


春が終わり新緑の美しい初夏は青楓や爽やかな風のイメージです。田植えが終わりおたまじゃくしも蛙になった頃でしょうか。菖蒲の帯留めは5月の端午の節句のお祝いにもお使いいただけます。

菖蒲蒔絵琥珀帯留

菖蒲蒔絵 琥珀帯留

66,000円(税込)
風蒔絵琥珀帯留

風蒔絵 琥珀帯留

55,000円(税込)

流水・波モチーフの帯留め


流水の文様は一滴の水が大海に注ぐまでの様子を人生にたとえ、永遠の形として多様に表現されてきました。波も同様にさまざまに変化する形に合わせて文様化され、単独の文様で用いられるほか千鳥や兎などと組み合わせてバリエーション豊かに表現されてきました。

その他 夏の帯留め


夏の夜空に輝く天の川や水面を優雅に泳ぐ金魚の帯留めです。

初夏モチーフの帯留め


春が終わり新緑の美しい初夏は青楓や爽やかな風のイメージです。田植えが終わりおたまじゃくしも蛙になった頃でしょうか。菖蒲の帯留めは5月の端午の節句からお使いいただけます。

菖蒲蒔絵琥珀帯留

菖蒲蒔絵 琥珀帯留

66,000円(税込)
風蒔絵琥珀帯留

風蒔絵 琥珀帯留

55,000円(税込)
蛙蒔絵琥珀帯留

蛙蒔絵 琥珀帯留

55,000円(税込)

流水・波モチーフの帯留め


流水の文様は一滴の水が大海に注ぐまでの様子を人生にたとえ、永遠の形として多様に表現されてきました。波も同様にさまざまに変化する形に合わせて文様化され、単独の文様で用いられるほか千鳥や兎などと組み合わせてバリエーション豊かに表現されてきました。

その他 夏の帯留め


夏の夜空に輝く天の川や水面を優雅に泳ぐ金魚の帯留めです。