風とカワセミ蒔絵 琥珀ペンダント

青い色の羽が美しいカワセミを琥珀に蒔絵しました。
佇む図はよくありますが飛んでいる図は珍しいとではないでしょうかと勝手に思っております。
背景のラインは風を現しております。勢いよく飛ぶカワセミです。
カワセミは漢字で翡翠と書きます。それほど美しい鳥という事ですね。
大き過ぎず、存在感もある絶妙な大きさと形です。シックでさりげなく存在感のある上品な品です。と 自画自賛(^ ^)

伝統工芸の蒔絵技法で描かれた商品です。
手仕事・天然の素材を使用しているため商品ごとに若干の違いがございます。何卒ご了承くださいませ。

素材トップ:琥珀、漆、金粉、貝
金具:バチカン(18K)、チェーン(真鍮に金メッキ)
サイズ縦47mm×横30mm×厚み15mm
おまけチェーン:約40cm(アジャスター:5cm)
重さ約9g
作者針谷絹代