桔梗蒔絵 黒蝶貝ブローチ

花言葉は「永遠の愛」「気品」

古くから和歌や絵画、衣装のモチーフとして愛好されてきた桔梗。桔梗の漢字には「吉」「更」が入っていることで「更に吉を招く」運気向上の花とされています。花言葉のとおり気品が溢れる印象のブローチはご友人との食事会やお祝いの席などでもご利用いただけます。

様々な技法で描き分けた桔梗の花

5つの花と蕾は螺鈿、金、色漆と技法を使い分けて描きそれぞれ違った表情を見せています。描き分けることでメリハリのあるデザインに仕上げました。螺鈿には夜光貝を用い、金は程よい厚みをもたせ、蕾は自身で調色した色漆を使用しました。葉には青金を使い花の金と色の違いを表しています。

工房の桔梗をスケッチしてできた図案

うるしアートはりやの工房には桔梗が生えており、シーズンになるとたくさんの花を咲かせ工房を彩ってくれます。美しい紫色の星型の花、紙風船のように愛らしく膨らむ蕾の形を意匠化し作成しました。

素材 黒蝶貝、漆、金粉、貝、金具(ロジウムメッキ)
サイズ(約) 縦40mm×横30mm×厚み2mm
付属品 本体、桐箱、説明書
作者 針谷正祥吾

※手仕事・天然の素材を使用しているため商品ごとに若干の違いがございます。何卒ご了承くださいませ。
※写真はイメージです。撮影の状況、閲覧する環境によって色などが変わって見える場合がございます。
※体質により、ごくまれに漆などの塗料でかぶれることがあります。異常を感じた時はご使用をおやめいただき専門医にご相談ください。
※お手入れは柔らかい布で軽く拭き、直射日光があたらないように保管してください。
金具は安全ピンタイプのものです。ペンダントチェーンを通せる部分もついておりますので用途にあわせてご利用できます。