六瓢蒔絵 中棗

無病息災の願いがこもった縁起の良い棗

無病息災の願いがこもった縁起の良い棗

棗の表面に描かれた2つの瓢箪と3つの瓢箪の花、そして蓋の裏に描かれた瓢箪をあわせて六つの瓢箪が描かれている棗です。六つの瓢箪は「むびょう」と呼び、無病(六瓢)息災を願う縁起の良いモチーフです。

煌めく瓢箪の花

瓢箪の花は夜光貝を使った螺鈿細工で表しています。一枚の螺鈿を花の形に抜き出して使っているので柔らかい輝きを放っています。また、太さを変えて躍動的に描かれている瓢箪の蔓も見ものです。

棗の中も華やかさをプラス

棗の蓋を開けると合口の部分には縁金を、蓋の裏にも瓢箪が描かれており豪華な作りになっています。瓢箪は夏の題材ですが無病息災の縁起物ですので季節問わず縁起の良い席でお使いください。

溜塗(ためぬり)の棗

溜塗とは茶色く透き通った朱合漆を塗り重ねる技法です。透き通った漆を塗るので出来上がった棗も透け感がある深い飴色で黒い棗とはまた違った魅力を感じます。
※棗の中は黒色です。

素材 ミズメザクラ、漆、金粉、貝
サイズ 直径68mm×高さ70mm
付属品 本体、桐箱、説明書
作者 針谷絹代

※写真はイメージです。撮影の状況、閲覧する環境によって色などが変わって見える場合がございます。
※体質により、ごくまれに漆などの塗料でかぶれることがあります。異常を感じた時はご使用をおやめいただき専門医にご相談ください。
※お手入れは柔らかい布で軽く拭き、直射日光があたらないように保管してください。