竹林蒔絵 黒柿色紙重ね香合

色紙(しきし)はすでに絵や歌が書かれた美しい作品です。その色紙を重ねた洒落た意匠の香合です。
水墨画のような模様の黒柿に繊細で優美な竹を蒔絵で描きました。竹はその生命力から苦境の中でも耐え忍び跳ね返す力を表しています。

素材黒柿、漆、金粉
サイズ縦62mm×横62mm×高さ22mm
重さ約47g
作者針谷祐之